カテゴリー:祀 Matsuru

  • 『大祓祭祀祭文』

     皆さま方、祓いに始まり、祓いに終わるというか、一年間本当にありがとうございました。感謝申し上げます。先ほど外に出ましたら、滅多に歩かないものですから、風に吹き飛ばされて、木枯らしというんですかね、今頃、木枯ら…
  • 『師走月次祭文』

    早いもので、一年もいよいよあと少しとなりました。 もう来年の正月からのことを、色々と用意してはいるんですけれども。 その時にやはり、一年間どうだったかということを、色々と振り返ってみますと、あまりにも一年が速…
  • 『新嘗祭文』

     どうも今日はありがとうございました。新嘗祭も終えて、これから、この横の田んぼで出来たお米を、帰られる方はおにぎりにして、残られる方は、一緒に食べていただければと思います。まだ、2年目で、今回、2回目ですかね。…
  • 『霜月月次祭文』

    ありがとうございます。大嘗祭を目前にして、色んな思いがありましてですね。やはり、明治以降、急激に、祭祀あるいは帝王学といいますか、そういうものが、随分と変化しているんですけれども。 その教えの大本といいますか、…
  • 『国土安鎮祭文』

    ありがとうございました。もうなんて言うんですかね、こういう人間が耐えられないようなところに来ると、結局、神頼みということになるというんですかね。今更というか、宗教とか、神様や仏様を放ったらかしにしておいて、困っ…
  • 『即位礼正殿の儀 寿祭文』

    ご苦労さまでございます。 即位礼正殿の儀 寿祭ということで、臨時祭をさせていただきました。 このところ、天災といいますか、色々と気候変動の激しい中で、皆様方は、これはどういう事態なんだろうという思いをされている…
  • 『神無月月次祭文』

    台風の後で、色々と道路状況が正常になっていない時に、いらっしゃっていただき、ありがとうございます。 何といいますか、台風が来る時に当たって、色々と我々が、すべきことというか、本来の祭祀というか、そういうものをや…
  • 『秋季皇霊祭文』

    どうも今日は、ご苦労様でございました。君、大君と、民というのは、一つの学び方というかね。それは、大君の何というか、国を守る立場としての生き方というんですかね、作法というものを、民はそれを家として習うというような…
  • 『長月月次祭文』

    こんにちは、ご苦労さまです。台風が来ているようですが、日差しが曇りと交互に起こっているみたいですが。 ちょうど9月で新学期というか、国際的には新学期で、新しいことが色々と起こって、やらなきゃいけないことがたくさ…
  • 『白川学館 年祭文』

     祝殿の上部が、ピラミッドのヘッドのキャップのようになっていて、ちょうど、神様を迎えするために、そこに、水晶を置くことになっているんですが。 今回、キャップに十分な大きなものが間に合わなかったものですから、5つ…

動画

  1. 神衣美について

  2. 神衣美の着付け

  3. 白衣・袴の着付け

  4. 扇子使用作法

ページ上部へ戻る